ドラゴンボール深読み白書 > 運営者情報 > なぜこのサイトを立ち上げたのか?

運営者情報

なぜこのサイトを立ち上げたのか?



私は、27歳の男です。
「なぜこのようなサイトを立ち上げたのか?」
というあたりを中心にお話させて頂きたいと思います。

ドラゴンボールとの出会いは、小学校1年生の時でした。
既に孫悟空と亀仙人が天下一武道会で戦っている映像をTVで見たのが初めてです。

そのとき以来、ドラゴンボールが好きになり、
漫画も新刊が出ればすぐに買いに行っていました。

時は流れて、中学生になった私は、ドラゴンボールも魔人ブウ編に入ってきており、
物語りも終盤を迎えていました。

その頃から、しだいにクラブ活動などに忙しくなり、
ドラゴンボールに対する熱意もさめていきました。

高校生に入った頃には、集めていたコミックスもいつの間にか、
母親に捨てられてしまいました。

そんな感じで、私とドラゴンボールとの距離は年を重ねるごとに離れていったのです。

大学生から社会人になった私は、セールスとして仕事に励んでいました。
セールスマンとしては納得いく成績を残していたのですが、

「何かもっと自分らしい人生があるのでは・・・・・。」
と突き動かされるような衝動に押されて、
何も具体的なビジョンがないまま独立して生きていくことを決意しました。
ちょうど社会人4年目のときでした。

会社を辞めて、独立して、「さあ、何をやろう・・・・」という状態の中、
アフィリエイトというウェブ広告ビジネスがあることを知りました。

結果がでるのに時間はある程度かかるものの、リスクが少なく、
安全なかたちで小さくビジネスを始められるのが魅力で、
アフィリエイトを中心に生活基盤を作っていくことを決意しました。

それからは、本当に多くのアフィリエイトノウハウをはじめ、
成功哲学やマーケティングの本などを読み漁りました。
間違いなく私の人生で最も本を読んだ時期でした。

アフィリエイトをはじめて半年経ったあたりから、少しずつ成果が出始めました。
独立して丸2年間が経とうとしている今、
サラリーマン時代の2倍以上の収入を得られるまでになりました。

独立当初を考えると今の私の現状は、
奇跡としか言いようがないようにありがたい状況になっています。

そんな様々な経験を経ていく中で、最後にドラゴンボールを読んだ
中学生時代の私と比べると、少しずつですが、成長をしていきました。

そして、改めて、最近、なぜかドラゴンボールを読みたくなり、
TUTAYAでDVDを借りて、じっくりと見ていました。

すると、どうでしょう。

「これはなんて深いことを言っているんだ〜!!!」
と叫ばずにはいられませんでした。

少年時代に読んだドラゴンボールと、それから、
少しだけ成長した27歳が読むドラゴンボール。

全く違う内容に感じました。

少年時代より、人生を重ねる中で、少しだけ私自身成長していたのでしょう。
ドラゴンボールには、非常に深い人生の真理が散りばめられていることに気づけたのです。

これは、私にとって、とても感動的な事でした。
そして、この気づきを多くの人にも聞いてもらいたいな。そう思ったのです。

ドラゴンボールが好き。という共通の認識の中でこそ、伝わっていくものがあると思います。
何かが好き。というのは、それだけとてもパワーのあるものだと思います。
(阪神ファンが阪神ファンってだけで10年来の友人になれるように)

このサイトを読んで頂いて、ドラゴンボールを通して、
何かご自分の中に1つでも気づきを得ていただけたなら、
私にとってこれほどうれしい事はありません。

とはいえ、あくまで私の個人的な深読みですので、ドラゴンボール同様に、
楽しんで読んでもらえたらそれでいいとも思います。




ドラゴンボールに関する版権は鳥山明氏、バードスタジオ、集英社、フジTV、
東映等にあります。このHPでの画像、データなどの転載は禁止です。
(C)鳥山明・バードスタジオ/集英社・東映アニメーション・BANDAI