ドラゴンボール深読み白書 > 亀仙人・界王さま(4) > 本物はひっそりと質素に生活する

亀仙人・界王さま(4)

本物はひっそりと質素に生活する



亀仙人、神様、界王さま。孫悟空の師匠(メンター)たちには、共通した生活をしています。
それは、人里を離れて、質素な生活をしていることです。

亀仙人は、海の中にある小さな無人島。
神様は、雲の上、空高くにある神殿。
界王さまは、無人の小さな星。

それぞれに住んでいるところは、都会とは程遠い、
非常に隔離された場所にひっそりと暮らしています。

亀仙人はともかく、神様や界王さまは、「神」ですので、
もちろん普通に都会で生活することはありえないのかもしれません。

しかし、現実世界を振り返っても、
本当に天才や鬼才といわれるような人達は都会よりも、
人里はなれて暮らしていることが多いようです。

三国志で有名な諸葛孔明なんかもそうですね。
片田舎にひっそりと住んでいたそうです。

日本でも長野県の八ヶ岳なんかには、
けっこう、成功者といわれる人が多く住んでいます。

彼らの生活は、それほど贅沢をせずに、質素な生活をしています。

亀仙人にしても、武術の神様といわれたぐらいだから、
ミスターサタンのような暮らしをしようと思えば、できたと思います。

しかし、そこは亀仙人が本物たるゆえんでしょう。

ミスターサタンのような富や名声というものに対する、執着はとっくありません。
ミスターサタンは亀仙人よりもかなり若いので、
まだまだそのあたりの人間的な欲によって非常に人生を左右されているといえます。

omoittkiri.JPG  
弱い自分をしっていながらも偽りのチャンピィオンを演じ、名誉とお金を守ろうとするサタン。


恐らく数十年後、ミスターサタンが人間的な成長を果たし、
物質や名誉などの欲求を統合していった先には、
亀仙人のような生活をしだすかもしれません。

彼らのような生活をするのには、1つだけ非常に大切な要素があります。
それは、日常の些細なことに幸せを見出す力が必要になる、ということです。

これは、孫悟空が界王さまに質問しているやり取りからもよくわかります。

gyu.JPG  
孫悟空には界王さまの幸せを感じる感性がないようです。まだまだ若い孫悟空。

界王さまは、普通の人から見れば「しょうもない」といわれるような事にも
楽しみと喜びを見出す感性を持っているのです。
このような感性がないと、とてもあのような暮らしはできません。

日常のありふれた事柄をいかに楽しめるか。
これは心が自由でなければなかなか難しいものです。

やはりほとんどの人がミスターサタンのような暮らしを望むのではないでしょうか。
でもそのあたりが、亀仙人(本物)とミスターサタン(普通)の器の違いに
なっていると感じます。




ドラゴンボールに関する版権は鳥山明氏、バードスタジオ、集英社、フジTV、
東映等にあります。このHPでの画像、データなどの転載は禁止です。
(C)鳥山明・バードスタジオ/集英社・東映アニメーション・BANDAI