ドラゴンボール深読み白書 > 孫悟空(7) > ワクワク・ドキドキ・今を生きる孫悟空の生き方

孫悟空(7)

ワクワク・ドキドキ・今を生きる孫悟空の生き方



「オラ、わくわくすんぞ!」
は、孫悟空の決まり文句です。
この言葉に象徴されるように、孫悟空はいつも自分の人生にワクワクしています。

それは、孫悟空がいつでも大好きなことをして生きているからです。

孫悟空の1番好きなことは、「強い相手と戦うこと」だと思います。
それはサイヤ人の血筋が影響しているのでしょう。

fajorenani.JPG
fafowakuwaku.JPG

そのため、強い相手と出会えるなら、つらい修行も苦にしません。
むしろ自分が強くなることで、より強い相手が現れるので、
修行すらも楽しもうという心構えがあります。

aitumufgae.JPG

私たちの現実世界を見ても、やはり好きなことをして生きている人ほど、
人生を楽しんでいる人達はいないと思います。

料理が大好きな料理人。
花が大好きな花屋さん。
音楽が大好きなミュージシャン。

それぞれの分野で成功している人達は、ほぼ間違いなく、
自分がしている仕事の分野が大好きで、愛情があります。

逆に言えば、この好きだという感情がない分野で仕事をしている人は、
たいしたパフォーマンスはできていないと思います。

毎日、毎日、自分の大好きなことをしていると、
過去や未来に思考が行ったり来たりすることはなく、
いつも現在にエネルギーを集中できるのだと思います。

孫悟空は物語を一貫して、とにかく強くなり、
より強い相手と出会うことを真摯に求めていきます。

なぜなら、それが孫悟空の大好きなことだからです。

familghjioj.JPG  
fafjfioaoe.JPG  
※最後の最後まで孫悟空は自分の大好きな事を追い求めて生きています。
孫悟空のライバル、べジータやピッコロはそんな孫悟空の生き方を知っており、共感しています。




ドラゴンボールに関する版権は鳥山明氏、バードスタジオ、集英社、フジTV、
東映等にあります。このHPでの画像、データなどの転載は禁止です。
(C)鳥山明・バードスタジオ/集英社・東映アニメーション・BANDAI