ドラゴンボール深読み白書 > 孫悟空(7) > 孫悟空より少し強い敵が登場し続ける理由

孫悟空(7)

孫悟空より少し強い敵が登場し続ける理由



孫悟空の周りには次々と強い相手が登場します。しかしここでおもしろいのは、
その時の孫悟空にとって、どうしようもない敵というのはなぜかでてきません。

いつも孫悟空より少し強い敵がでてくるのです。
そしてその度に、孫悟空はその敵を倒すために自分を磨きます。

ピッコロ大魔王と戦っていた孫悟空の前に、いきなりフリーザは登場しないのです。

「そんなの当たり前じゃないか」
もしいきなりとんでもなく強い敵が現れたら、その時点で物語が終了するし。

もちろんそうなのですが、同時に思うのが、
私たちが生きている現実も実は同じだと思うのです。

生きていると様々なことが起こります。
悲しみや苦悩が訪れることもあります。

しかし、それらの課題というのは、その時の自分にとっては
少し頑張らないと解決しない課題であると思うのです。

今の自分にはどう考えても耐えられない。乗り越えられない。
そんな課題というのは不思議に人生で訪れないものです。

小学校、中学校、高校生、それぞれの時代で何かしらの悩みがあったはずです。
しかし、よく考えてみたらそのどれもが、今は思い出しもしない事が多いです。

それは、それだけ自分自身が成長しているので、
当時の自分にとって課題だった問題も、困難とは思わなくなっているからだと思います。

ドラゴンクエストなども同じですね。

モンスターたちは、主人公のレベルに合わせて少し強い敵が段階を踏んで登場します。
そして、そのモンスターという困難を倒したら、乗り越えたら、自分の経験地が増えて、
自分の能力がレベルアップしているのです。

そう考えると、人生に起こる様々なトラブルや困難、課題も、
自分のレベルアップのために現れた大切なギフトなのかもしれません。

モンスターやボスがおらずに、主人公がレベルアップしない
ドラゴンクエストのストーリーなんておもしろくありませんよね。





ドラゴンボールに関する版権は鳥山明氏、バードスタジオ、集英社、フジTV、
東映等にあります。このHPでの画像、データなどの転載は禁止です。
(C)鳥山明・バードスタジオ/集英社・東映アニメーション・BANDAI