ドラゴンボール深読み白書 > クリリン・ヤムチャ(2) > 成長する中で顔つきが激変するクリリン

クリリン・ヤムチャ(2)

成長する中で顔つきが激変するクリリン



孫悟空と出会い成長していく仲間たちは、
初めの頃に比べて、人相が非常によくなっていきます。

その中でも特徴的なのは、クリリンの変化です。

亀仙人のところにやってきたクリリンは、ものすごい顔をしています。
明らかに人相が悪く、猜疑心の強そうな顔つきです。

実際にその頃のクリリンは、非常に嘘つきでせこい性格をしています。

gyughk.JPG
※孫悟空が探した亀マークの石を騙し取るクリリン。かなり目つきがやばいです。


顔の人相というのは、その人の心を表す、鏡だといわれていますが、
そういう意味ではクリリンは、体も心も成長していっているのが、
顔つきの変化にもきっちり描かれています。

人間の表情というのは、「私は、こういう人間ですよ」と
プラカードのように掲示して歩いているようなものだと私は思います。

特に目つきというのは、それを如実にあらわします。

クリリンは特にすごい変化をしていますが、 修行を重ねていくうちに、
目がはっきりと開いて、やさしくなってきます。

彼らの人間としての心の成長も、このようなビジュアルの変化からも感じ取れますね。
目付きには気をつけたいものです

kaotukiga.JPG
※亀仙人の修行が終わった頃には、全く違う顔になるクリリン。孫悟空は変わりませんね。




ドラゴンボールに関する版権は鳥山明氏、バードスタジオ、集英社、フジTV、
東映等にあります。このHPでの画像、データなどの転載は禁止です。
(C)鳥山明・バードスタジオ/集英社・東映アニメーション・BANDAI