ドラゴンボール深読み白書 > 孫悟飯・孫悟天(3) > 孫悟空が孫御飯と「精神と時の部屋」に入った理由

孫悟飯・孫悟天(3)

孫悟空が孫御飯と「精神と時の部屋」に入った理由



セルが登場して、孫悟空はスーパーサイヤ人のさらに上を目指すために、
精神と時の部屋に入ります。そのとき、孫悟空は孫御飯を一緒に連れて行きます。

この時、なぜ孫悟空は孫御飯を連れて行ったのか?
が今回のコラムのテーマです。

「親子だから」「サイヤ人の血をひいているから」
このあたりが当然の理由ですね。

サイヤ人の血を引いているので、
「誰よりも伸びる可能性があった」というのが孫悟空の本音だと思います。

当たり前のようなことを言っているようですが、
現状の強さではなく、孫御飯のもっている可能性に孫悟空はかけたのです。

この時の強さだけを見れば、ピッコロの方が明らかに上です。

しかし、既に神様と融合したピッコロ、
つまり、もう既に限界近くまで実力を伸ばしきっているピッコロよりも、
孫御飯の方が伸びる可能性、予感があったのだと思います。

実際に孫悟空は、孫御飯の
「おとうさんの修行のジャマになるんじゃ?」の言葉に、
はっきりと「ああ最初のうちはな」と答えています。

orayorimo.JPG  
※恐らく孫悟空は、人造人間対策でピッコロと3人で修行している時から、孫御飯の可能性に気づいていたのでしょう。

考えてみれば、私たちも、もし人材を育てる立場に立ったとしたら、
何を基準に人材を選ぶかというと、この「将来に対する可能性、予感」
で決めるのではないでしょうか?

現状の実力というよりも、もし将来、限界まで伸びきったとしたらどちらが伸びるか。
その限界値が高い人材を伸ばしたいと思うはずです。

では、その人材がどれだけの可能性を秘めているのかを知るには、
どうすればよいのか?

これはその分野によって、さまざまな視点があるとは思います。

しかし、どの分野であっても共通の1つの指標があるとすれば、
私は「素直さ」だと思います。

「素直」であるということは、限界をどこまでも超えていく1つの大きな才能を
持っていると言えると思います。

これを象徴するのが、孫悟空です。
孫悟空はドラゴンボールに登場するどんなキャラクターよりも、とにかく素直です。

jiouimeoga.JPG
※孫悟空にはピッコロの伸び幅が予想できていたと思います。あげくの果てにはピッコロにまた2人に戻れないか?
というきわめて失礼な提案をします。仮にもピッコロは、過酷な「精神と時の部屋」で1年間も修行したのに・・・・・・・・。





ドラゴンボールに関する版権は鳥山明氏、バードスタジオ、集英社、フジTV、
東映等にあります。このHPでの画像、データなどの転載は禁止です。
(C)鳥山明・バードスタジオ/集英社・東映アニメーション・BANDAI